realvancouver.org,プラレールDVD,ハッピーセット トミカ,700円,/Hamamelidoxylon551721.html,本・音楽・ゲーム , DVD , ブルーレイ , キッズ , ファミリー,7枚セット ハッピーセット トミカ 7枚セット 最上の品質な プラレールDVD 700円 ハッピーセット トミカ プラレールDVD 7枚セット 本・音楽・ゲーム DVD ブルーレイ キッズ ファミリー 700円 ハッピーセット トミカ プラレールDVD 7枚セット 本・音楽・ゲーム DVD ブルーレイ キッズ ファミリー ハッピーセット トミカ 7枚セット 最上の品質な プラレールDVD realvancouver.org,プラレールDVD,ハッピーセット トミカ,700円,/Hamamelidoxylon551721.html,本・音楽・ゲーム , DVD , ブルーレイ , キッズ , ファミリー,7枚セット

ハッピーセット トミカ 7枚セット 最大93%OFFクーポン 最上の品質な プラレールDVD

ハッピーセット トミカ プラレールDVD 7枚セット

700円

ハッピーセット トミカ プラレールDVD 7枚セット

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域富山県
発送までの日数1~2日で発送

マクドナルド ハッピーセットおまけ 2016 トミカプラレールスペシャルDVD 2016 プラレールスペシャルDVD 2017 トミカスペシャルDVD 2018 プラレールスペシャルDVD 2019 トミカスペシャルDVD 2020 トミカスペシャルDVD 2021 プラレールスペシャルDVD 新品未開封ですが、 長期自宅保管のためパッケージの折れや日焼けなど ご理解の上ご購入ください。

ハッピーセット トミカ プラレールDVD 7枚セット

2022年2月20日 (日)

落語を聞いて、泣いた

毎週土曜日は、NHKラジオ第一「真打ち共演」を、よく聴いている。
車を運転しながら、ほぼ毎回、聴いているといっていいだろう。

これは、漫才、漫談、落語を組み合わせて、3組を聴かせてもらえる番組である。

この番組で、漫談の「ぴろき」や、漫才師「母心」の面白さを知った。

基本的に、というより、間違いなく、笑わせてもらえる番組なのだが、きのう(2022年2月19日(土))は違っていた。

泣いた。

落語で登場した入船亭扇辰は、この番組のいつもの笑いを期待させる入りだった。

が、ウルウルしてしまった。感動で。

漫才の演目は、大食いの力士を描いた「阿武松」だった。

|

2022年2月 2日 (水)

「サプライズ!」だと思ったが…

ふと、ある製品のパッケージを見たら「サプライズ」と書かれていた。

一瞬、「サプラーーイズ!」か?、と戸惑ったが、よく見ると、「OAサプライズ」だった。

「OAサプライズ」は、言い換えれば「OA用品」である。
「サプライズ」は、"supply" の複数形、"supplies" である。

「OAサプライズ」をインターネット検索してみると、広く使われている表現であることが確認できる。

「OA」を取り除いた「サプライズ」は、インターネット検索でもそうであるように、"surprize"、つまり「驚き」を表わすのが普通である。
だから、「用品」を「サプライズ」と表わすのは、紛らわしいと思う。

カタカナ語にすることの是非はさておいて、せめて、「サプライ」としてもらいたい。
「OAサプライ」と。
これなら、驚きや、驚きの演出を表わす「サプライズ」と区別が付く。

英語を忠実にカタカナ語にしたい気持ちは分からなくもないが、日本語としての通じやすさ、言い換えればコミュニケーションの円滑さ、を優先してもらいたいものだ。

|

2022年2月 1日 (火)

「大きな古時計」のおじいさんは何年生きた?——日米での違い

2021年12月に、NHKラジオ第2 高校生から学ぶ「現代英語」で、「大きな古時計」の歌が題材になっていた。

驚いた。

と、同時に、訳詞(日本語への翻訳)の上手さに敬服した。

日本で「大きな古時計」として知られている歌は、19世紀後半に作られたアメリカの歌とのこと。
原題は Grandfather's Clock。直訳すれば「おじいさんの時計」である。

英語の(つまりオリジナルの)歌詞では「100年休まずに」ではなかった。
「90 years without slumbering, tick-tack, tick-tack」、つまり、「90年休まずに」であった。

想像するに、「きゅうじゅうねん、やすまずに」がメロディーに合わないこともさることながら、日本文化の観点から、切りのいい「100」を採用したのだと思う。
(当時から、アメリカよりも日本の方が平均寿命が長かった??)

翻訳が、単に対応する言語への変換ではないことを痛感した。

|

2022年1月29日 (土)

文字の色と用紙の色・・・・読みやすい組み合わせは?


知人Lと、形の似た漢字の話をしていた。
形の似た漢字とは、たとえば、「問」と「間」のような漢字である。

Lから、似た漢字がまとめて紹介されているWebページを見つけたとの知らせがあった。
字の形が似ていて見違えることがある“字”一覧」である。

このような情報に出会うと、情報源に当たってみたくなるは、そのWebページに記載されていた本を入手したいと思った。幸い、古本が手に入った。
美作太郎 著「執筆・編集・校正・造本の仕方」ダイヤモンド社(1951年)である。

最初にパラパラとページをめくり、開いたページに、偶然にも、2年ほど前に僕が感じたことがズバリ書かれていて、驚いた。
2年前に感じたこととは次のことである。

数十年前のコピーを整理していたら、その一部が焼けて黄ばんでいた。
黄ばんだページと黄ばんでおらず白いままのページを見比べたら、なんだか黄ばんだページの方が読みやすいように思えた。

偶然に開いたページに書かれていたのは、文字の色と用紙の色について、可読性に優れているランキングである。
11位までのランキング次の通りである。

文字の色用紙の色
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位
11位

「文字の色:黒 / 用紙の色:白」は第6位に登場する。
このように、「墨」とは別に「黒」も出てくるから、第1位の「墨」は「黒」よりもやや灰色がかった色なのだろう。
いずれにせよ、黒っぽい文字が黄色っぽい用紙に書かれているのが最も可読性が高い、つまり読みやすいようである。

このランキングの情報源が引用されている[*註]ので、その情報源に当たったり、その後の研究を調べてみることが、僕の今後の課題である。
━━━━━━━━━━━━
[*註]山岡謹七「造本と印刷」印刷学会(1949年)
━━━━━━━━━━━━

【2022年1月30日に一部修正】
 ・可読性ランキングとして上位3件のみを記載していたが、「執筆・編集・校正・造本の仕方」で述べられている11件すべてを記載した。
 ・注記した文献「造本と印刷」の著者を追記。

|

2021年7月16日 (金)

Teams : 「コンピューターサウンドを含む」が機能しない ("Include computer sound" not working)

の Microsoft Teams 歴は15か月ほどになるが、「オンラインミーティングで音声付きのビデオを共有」するのは、はじめてのことである。

Windows版Teamsに比べると新機能の実装が遅れがちのMac版(macOS版)ではあるが、やや遅れがちという範囲である点、助かっている。

「オンラインミーティングで音声付きのビデオを共有」する件についても、Mac版に正式に実装されたのは数か月以内のことのようだから、何とか間に合ってよかったと思っていた。

はじめは簡単にはうまくゆかなかったが、できるはずだと信じて、インターネット情報を元に、さまざまな組み合わせで試行錯誤した。延べ3時間くらいは頑張った。が、うまくゆかない。

そこで、いくらインターネット情報やYouTubeビデオで説明を見ても、成功例を知らないと始まらないと思い、Windowsパソコンで「オンラインミーティングで音声付きのビデオを共有」を試みた。
 ↓その結果
あっさりと、説明通りの正常な動作が確認できた。

これを踏まえたMy見解は次の通りである。

以下の組み合わせでは「コンピューターサウンドを含む」(→ より分かりやすいと思われる和訳は「コンピューターサウンドを含める」)は機能しないようだ。

  • MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)("M1"は"Apple M1"のことである)
  • macOS Big Sur (version 11.4)
  • Teamsのバージョンに関する情報は「Microsoft Teams バージョン 1.4.00.16263 がインストールされています。 2021-07-16に更新されました。」

【追記:2021年7月17日】
 僕と同様の環境(Apple M1 と macOS Big Sur)で、「コンピューターサウンドを含む」が機能することを説明するYouTube動画が散見されるが、本当に正常に機能しているのか疑問が残る。その理由は、それらの動画では、Teamsのマイクがミュートになっていない(=音声ONである)からである。
 僕自身も当初、「コンピューターサウンドを含む」が正常に機能していると誤解していたことがあった。よく確認してみたところ、「MacBook内蔵スピーカー」の音を「MacBook内蔵マイク」が拾い、それがTeamsミーティングに流れていたのだった。ミュートにしたりヘッドセット(ヘッドフォン)を繋ぐと音声が届かないことに気づき、解決策の調査と試行錯誤に入ったのだった。
 このことは、条件さえ満たせば(=再生する音声以外の余計な音が発生しない状況であれば)、「コンピューターサウンドを含む」が機能しなくても、Teamsミーティングに音声を届けることが可能であることを意味している。

|

«新しいMacBookと古いMacBookの比較 —— MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) vs. MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)